カーリング女子 日本代表決定戦 ロコ・ソラーレ勝利 2勝2敗に

カーリング女子の日本代表決定戦の第4戦が12日午前、北海道稚内市で行われ、ロコ・ソラーレが8対6で北海道銀行に勝って、対戦成績を2勝2敗としました。

カーリング女子の日本代表決定戦は、10日から北海道稚内市で開かれています。

日本選手権で、ことし優勝した北海道銀行と、去年優勝したロコ・ソラーレが対戦し、先に3勝したチームが、ことし12月の世界最終予選の日本代表となり、ここで3位以内に入れば来年の北京オリンピック出場が決まります。

第4戦は、ここまで1勝2敗と後がないロコ・ソラーレが、4対5と1点を追う第8エンドで、スキップの藤澤五月選手が、ラストショットで中心付近にある相手のストーンをはじいたうえで投げたストーンを円の中心近くに残し、2点を奪って6対5と逆転しました。

さらに第9エンドは、相手のラストショットがミスとなり、不利な先攻ながら2点をスチールして点差を広げ、最終の第10エンドの途中で北海道銀行が負けを認めたため、ロコ・ソラーレが8対6で勝ちました。

ロコ・ソラーレは2連勝で、対戦成績を2勝2敗の五分としました。

代表決定戦の最終戦となる第5戦は、12日午後6時から行われます。

ロコ・ソラーレ 藤澤五月「このままの勢いで勝って代表に」

終盤に粘り強いプレーをみせたロコ・ソラーレの藤澤五月選手は「この試合に勝ったら流れが来ると思って戦っていたので、勝ててうれしい。完全に流れはこちらに来ているので、このままの勢いに乗り、ロコ・ソラーレの根性を見せて勝ちたい」と力強く話していました。

北海道銀行 吉村紗也香「次が最後 気持ち切り替えて頑張る」

2連敗で対戦成績が五分となった北海道銀行の吉村紗也香選手は「前半から中盤にかけてゲームをコントロールできていたが、第8エンドと第9エンドで私がミスをしてしまったことで負けてしまった。次が最後の試合になるので、気持ちを切り替えていいショットを投げられるように頑張りたい」と話していました。