サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」が開幕 レオネッサが快勝

サッカー女子のプロリーグ「WEリーグ」が12日開幕し、神戸市で行われたオープニングゲームではINAC神戸レオネッサが、大宮アルディージャVENTUSに5対0で快勝しました。

「WEリーグ」は国内初となるサッカー女子のプロリーグで、競技力向上などを目的に設立され、12日開幕しました。

午前10時から神戸市で行われたレオネッサとアルディージャのオープニングゲームの記念セレモニーでは、リーグのトップ、岡島喜久子チェアが「女子スポーツの新しいページが本日開きます。日本のジェンダー平等を前に進める覚悟のリーグです。みんなが主人公になるために『WEリーグ』がステージとなります」と開幕宣言しました。

試合は、レオネッサが、前半4分に元日本代表の高瀬愛実選手の「WEリーグ」第1号となるゴールで先制したあと、新加入の17歳、浜野まいか選手が高瀬選手とともに2得点をあげる活躍を見せ、5対0で快勝しました。

12日はこのほか4試合が行われました。

昨シーズン国内リーグを制した三菱重工浦和レッズは日テレ・(にってれ)東京ヴェルディベレーザに2対1で勝ちました。

新たに設立されたサンフレッチェ広島はちふれエルフェン埼玉に3対0で勝ちました。

長野パルセイロはアルビレックス新潟に3対1で勝ちました。

マイナビ仙台とノジマステラ神奈川相模原は0対0で引き分けました。

WEリーグは11チームが参加し、各チームが来年5月までにホームアンドアウェー方式で20試合ずつを行って優勝を争います。

神戸 星川監督「やりたいことができた」

INAC神戸レオネッサの星川敬監督は5得点で快勝した開幕戦について「プレシーズンマッチでは、攻撃陣がなかなか得点を奪えなかったが、選手たちがその反省を生かして開幕にしっかり合わせてくれた。自分たちのやりたいことが出来た試合だった」と振り返りました。

そのうえで、新型コロナウイルスの影響を受ける中で4000人あまりが来場したことについては「苦しい状況下ではあるが選手たちはファンの前でプレーできるのが喜びであり、逆に選手たちのプレーが皆さんの励みになればと思っている。これからもひたむきに頑張る姿を見せていきたい」と話していました。

神戸 高瀬選手「格別なゴールだった」

WEリーグ第1号のゴールを決めたINAC神戸レオネッサのフォワード、高瀬愛実選手は「開幕の1週間くらい前から意識していて、正直ねらっていた。決めたときは本当に頭が真っ白になった。格別なゴールだった」と話しました。

その上で、「プロとしてこうした環境の中でサッカーが出来ることを幸せだなと感じている。スタジアムに足を運んでくださった皆さんや、リーグの開幕にあたって尽力してくださった皆さんが誇りに思えるようなリーグにしていきたい」と話していました。

大宮 鮫島選手「リーグ盛り上げられるよう頑張る」

大宮アルディージャVENTUSのディフェンダー、鮫島彩選手は去年まで所属したINAC神戸レオネッサに大敗した開幕戦について、「せっかく、レオネッサと開幕戦を戦うことができたので、もう少し見に来てくださったファンの方を盛り上げられるような試合が出来たらよかった」と振り返りました。

そのうえで、「きょうはプロリーグの開幕ということで、初めて女子サッカーを見に来てくださった方もいたと思う。そういう方たちにWEリーグって面白いなって思ってもらえるようなサッカーをしたいという思いが強かったので、この結果は残念だ。自分たちは駆け出しのチームで、足りないところだらけなので、もう少しリーグを盛り上げられるように頑張ります」と巻き返しを誓っていました。