米 同時多発テロ20年 倒壊したビルを光の柱で再現 犠牲者悼む

アメリカ同時多発テロ事件から20年となった11日、各地で追悼式典が行われました。
夜には倒壊した世界貿易センタービルが2本の光の柱でニューヨークの夜空に再現され、集まった人たちは事件で失われた命に思いをはせていました。

2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件では、ハイジャックされた4機の旅客機がニューヨークの世界貿易センタービルや、首都ワシントン郊外の国防総省の建物などに激突し、日本人24人を含む合わせて2977人が犠牲となりました。
テロで崩壊した世界貿易センタービルの跡地では11日、遺族に加え、バイデン大統領やオバマ元大統領、それにクリントン元大統領らが出席して追悼式典が行われ、およそ4時間かけて犠牲になった一人ひとりの名前が読み上げられました。

また、ハイジャックされた旅客機が墜落した東部ペンシルベニア州シャンクスビルと、旅客機が激突した首都ワシントン郊外にある国防総省でも追悼式典が行われました。

そして夜になると、ニューヨーク市では、世界貿易センタービルに見立てた2本の光の柱が夜空に浮かび上がりました。

ビルの跡地に集まった人は、光の柱を見上げたり写真に撮ったりして、失われた命に思いをはせていました。