中国 王毅外相 ベトナムのトップと会談で強固な関係アピール

中国の王毅外相は11日、訪問先のベトナムで共産党トップのチョン書記長と会談し、協力関係を拡大していくことを確認しました。中国としては、アメリカの政権幹部が相次いで訪れているベトナムとの強固な関係をアピールする狙いがあるとみられます。

ベトナムを訪れた中国の王毅外相は11日、共産党トップのチョン書記長と会談しました。

中国外務省によりますと、この中で王外相は「両国関係には特別な戦略的意義があり、複雑な国際情勢に直面する中、政治的な信頼を深め、団結と協力を強化していく必要がある」と述べ、ベトナムとの協力関係を拡大していくことを確認したとしています。

またチョン書記長も「誰も両国の団結と協力を揺るがすことも変えることもできない」と述べたということです。

ベトナムには最近、アメリカのオースティン国防長官とハリス副大統領が相次いで訪れましたが、中国としては、今回の会談を通じて両国の強固な関係をアピールして対抗する狙いがあるとみられます。

一方のベトナムも、中国との間に南シナ海での領有権をめぐる対立はあるものの、チョン書記長が王外相と会談することで、最大の貿易相手国である中国との関係を重視していく姿勢を印象づけた形です。