台風14号 八重山地方は暴風高波に警戒 今後の進路にも注意

強い台風14号は沖縄県の八重山地方から次第に遠ざかっていますが、このあと13日の明け方にかけて引き続き暴風や高波に警戒が必要です。進路によっては今週の後半ごろに九州など西日本に近づく可能性があり、最新の台風情報を確認するよう心がけて下さい。

気象庁によりますと、強い台風14号は12日午後9時には東シナ海を1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南東側150キロ以内と北西側75キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

八重山地方 暴風など引き続き警戒

12日の日中は与那国島が台風の暴風域に入り、午前11時すぎには45.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は八重山地方から次第に遠ざかっていますが、このあと13日の明け方にかけて風の強い状態が続き、海上では昼前にかけて大しけとなる見込みです。

また、13日の明け方にかけて台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は引き続き暴風や高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

西日本大雨のおそれも 今後の進路に注意

台風は北上を続けた後、16日にかけて東シナ海付近で停滞する見込みですが、その後、進路によっては九州など西日本に近づく可能性があります。

湿った空気の流れ込みの程度によっては、17日ごろにかけて西日本で大雨になるおそれがあり注意が必要です。

最新の台風情報を確認するよう心がけて下さい。