大相撲秋場所初日 新横綱の照ノ富士は小結 逸ノ城と対戦

大相撲秋場所は12日初日を迎え、新横綱の照ノ富士は小結 逸ノ城と対戦します。

東京 両国の国技館で初日を迎える秋場所は、宮城野部屋で今月に入って力士2人が新型コロナウイルスに感染したため、先場所45回目の優勝を果たした横綱 白鵬など、同じ部屋に所属する力士全員が休場しました。

73代横綱 照ノ富士は、小結に復帰した逸ノ城の挑戦を受けます。

過去の対戦は照ノ富士が9勝2敗と大きく勝ち越しています。

照ノ富士は、白鵬の休場で一人横綱となった新横綱の場所で初日に白星をあげることができるか注目です。

相手の逸ノ城は13場所ぶりの三役復帰で、幕内で最も重い体重206キロの体格をいかして勝機を探りたいところです。

新関脇 明生は前頭2枚目、霧馬山との対戦です。

過去3回の対戦ではすべて明生が勝っていて、今場所も持ち味の素早い攻めができれば優位に立てそうです。

霧馬山としては、寄りや投げなど柔軟な取り口で攻めきりたいところです。

大関 貴景勝は4回目の角番で、平幕の北勝富士との一番です。

もう一人の大関 正代は前頭筆頭の豊昇龍と対戦します。

正代は去年の秋場所で初優勝を果たしたあとは賜杯から遠ざかっていて、存在感を示したいところです。