プロ野球結果 パ・リーグ ロッテ3連勝 2位とのゲーム差「1」に

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグでは3連勝の首位・ロッテが、敗れた2位・オリックスとのゲーム差を「1」としました。

パ・リーグです。

▽ロッテ対楽天はロッテが4対1で勝ちました。

ロッテは1回、小窪選手の犠牲フライで先制し、4回はマーティン選手、7回はレアード選手がタイムリーツーベースを打ってリードを広げました。

先発の小島投手は1失点で、プロ入り初の完投を無四球で飾り7勝目。

ロッテは引き分け1つを挟んで3連勝です。

楽天は8回に1点を返すのが精いっぱいでした。

▽西武対オリックスは西武が7対0で勝ちました。

西武は4回、山川選手のタイムリーツーベースとスパンジェンバーグ選手の6号ツーランで3点を先制。

5回は中村選手、外崎選手、栗山選手の3者連続のタイムリーで4点を加えました。

先発の今井投手はヒット3本、13個の三振を奪う力投で2年ぶりの完封勝利をあげました。

オリックスは6回までノーヒットに抑えられるなど、投打に精彩を欠きました。

▽日本ハム対ソフトバンクは日本ハムが17対5で勝ちました。

日本ハムは1回、王選手の2本の2点タイムリーツーベースなど、打者15人の猛攻で大量11点をあげ、2回にも打者一巡の攻撃で5点を加えました。

先発の加藤投手は7回5失点で4勝目をあげました。

ソフトバンクは先発した石川投手が1回途中、10失点で降板し、9敗目を喫しました。


セ・リーグです。

▽広島対阪神は阪神が4対1で勝ちました。

阪神は6回、マルテ選手の17号スリーランで均衡を破り、8回は代打・ロハス選手のタイムリーで追加点をあげました。

先発の秋山投手は7回をヒット1本1失点の好投で、2年連続のふた桁勝利となる10勝目をあげました。

広島は打線がヒット3本に抑えられました。

▽巨人対中日は中日が5対4で勝ちました。

中日は1回、福田選手の2点タイムリーツーベースで先制し、2回は渡辺選手の2号スリーランでリードを広げました。

先発の柳投手は6回途中を2失点で9勝目をあげました。

巨人は先発のメルセデス投手が3回5失点で役割を果たせず、2つの引き分けを挟んで6連敗となりました。

▽ヤクルト対DeNAはヤクルトが9対2で勝ちました。

ヤクルトは1回、村上選手とオスナ選手のタイムリー、それにサンタナ選手の2点タイムリーツーベースで4点を先制し、その後もサンタナ選手の11号ソロやオスナ選手の10号ツーランなどで追加点をあげました。

先発のサイスニード投手は6回途中を2失点で3勝目をあげました。

DeNA先発の京山投手は3回5失点と崩れました。