歩道にタクシー突っ込む 1人死亡1人重体4人けが 東京 千代田区

11日午後、東京 千代田区でタクシーが歩道に突っ込み、歩行者の70代の女性が死亡したほか、9歳の小学生を含む4人が重軽傷を負いました。運転手も意識不明の重体だということで、警視庁が事故の状況を詳しく調べています。

警視庁などによりますと、11日午後4時半ごろ、東京 千代田区九段南の内堀通りの交差点で、タクシーが道路脇を走っていた自転車をはねた後、そのまま歩道に突っ込み、歩行者を次々にはねました。

タクシーは街路樹に衝突して止まりましたが、この事故で、歩道にいた東京 品川区の小林久美子さん(73)が死亡したほか、9歳の小学生の女の子を含む男女合わせて4人が重軽傷を負って病院に搬送されました。

また、タクシーの64歳の男性運転手も意識不明の重体だということです。

警視庁によりますと、当時、タクシーは信号が青に変わっても停止したままだったため、後ろの車がクラクションを鳴らしたところ急発進し、歩道に突っ込んだとみられるということです。

ブレーキの痕はないということで、警視庁が事故の状況を詳しく調べています。

現場は千代田区役所の目の前を通る片側2車線の直線道路です。

事故を目撃したドライバーの男性は「タクシーの隣で信号待ちをしていたが、青になっても動き出す様子がなく、運転席を見ると、体調が悪いのか運転手が下を向いていた。そして、タクシーは後ろの車がクラクションを鳴らした直後に発車し、自転車をはねた後そのまま木に衝突して停止した。急いでその場所へ向かうと、血を流して倒れている人がいた」と話していました。