台風14号 あす非常に強い勢力で八重山地方に接近見込み 警戒を

台風14号は中心の気圧が910ヘクトパスカル、最大瞬間風速が80メートルの猛烈な勢力で沖縄の南の海上を北へ進んでいます。12日に非常に強い勢力で八重山地方にかなり近づく見込みで、猛烈な風が吹くおそれがあります。暴風や高波に厳重に警戒し、風が強まる前に頑丈な建物に移動するなど、早めに備えを進めてください。

気象庁によりますと、猛烈な台風14号は11日午後6時には沖縄の南の海上を1時間におよそ15キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルに達し、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこのあとも北上を続け、非常に強い勢力で12日の午後、石垣島や宮古島のある先島諸島にかなり近づく見込みです。

八重山地方 猛烈な風のおそれ

特に暴風に厳重警戒が必要です。

与那国島や石垣島のある八重山地方では12日の昼すぎから猛烈な風が吹き、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルと予想されています。

過去には電柱やブロック塀が倒れたり車が横転したりすることもあるとして、気象庁は風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するほか、屋内では窓から離れるなどの対策を呼びかけています。

八重山地方では12日明け方には大しけとなり、昼前からは10メートルの猛烈なしけとなる見込みです。

また、台風周辺の発達した雨雲がかかり、先島諸島では猛烈な雨が降って大雨となるおそれがあります。

沖縄地方では12日夕方までの24時間に予想される雨量は180ミリでその後、13日までの24時間には100ミリから150ミリの雨が予想されています。

また、落雷や突風が吹くおそれもあります。

気象庁は暴風や高波に厳重警戒し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

西日本で大雨のおそれも 今後の進路にも注意

台風は先島諸島付近を通過したあと14日にかけて大陸に近づく見込みですが、台風を移動させる偏西風は朝鮮半島付近にあるため、16日にかけて非常に強い勢力を維持したまま東シナ海付近で停滞するとみられています。

その後の進路には幅がありますが、九州など西日本に近づく可能性があり、16日ごろにかけて大雨になるおそれがあります。

気象庁は最新の台風情報に注意して欲しいとしています。

最大風速 一時60m 「スーパー台風」の勢力に

台風14号は発達を続け、中心付近の最大風速は一時、60メートルに達しました。

これはいわゆる「スーパー台風」と呼ばれる勢力です。

これからやや弱まると予想されているものの、進路にあたる先島諸島では厳重な警戒が必要です。

気象庁によりますと、7日に発生した台風14号は、直後から急速に発達し、7日の午後3時の段階で994ヘクトパスカルでしたが、8日午後3時の段階で940ヘクトパスカルと24時間で54ヘクトパスカル低下しました。

中心の気圧が24時間で40ヘクトパスカル前後下がる現象は、「急速強化」や「急速発達」と呼ばれ、特に強力な台風で起きるとされています。

さらにその後も発達を続け、11日午前0時には905ヘクトパスカルになりました。

台風のメカニズムに詳しい名古屋大学の坪木和久教授は、台風が進む海域の水温が30度前後と高かったことに加え停滞はせず、ゆっくりと進み続けていたことが影響していると分析しています。

過去に大きな被害も

気象庁は午前9時の段階では中心付近の最大風速が60メートルでJTWC=米軍合同台風警報センターも「スーパータイフーン」と解析しています。

坪木教授は、台風14号は最大風速60メートル前後に達するいわゆる「スーパー台風」に匹敵するとして厳重な警戒が必要だとしています。

「スーパー台風」はフィリピンなどでたびたび被害をもたらしており、2013年には台風30号「ハイエン」が上陸。

直前の中心気圧は895ヘクトパスカル、最大風速は65メートルに達し10メートル近い高潮や高波、それに暴風によってレイテ島などで大きな被害が出ました。

台風14号は、発達のピークは過ぎ、このあともやや勢力を弱めると予想されていますが、非常に強い勢力で先島諸島に近づくとみられていることから暴風や高波には厳重な警戒が必要です。