トヨタ系列 自動車販売会社で車検不正 2年間で260台 山梨 甲府

甲府市のトヨタ系列の自動車販売会社で、2年間に合わせて260台の車検で不正が行われていたことがわかり、会社は対象の車両の再検査を無償で行っています。

甲府市の自動車販売会社「ネッツトヨタ山梨」によりますと、8月行われた山梨運輸支局の監査で指摘を受けて調査を行ったところ、おととし8月6日から8月6日までに「本社セイリア店」で行われた260台に対する車検で不正が行われていたことがわかったということです。

具体的には、スピードメーターの精度を調べる検査では法律に定められている方法で検査を行っていなかったほか、フロントタイヤの角度やヘッドライトの明るさ、ブレーキのきき具合を調べる検査では法律に定められている方法で検査を行っていなかった可能性があるということです。

また、排気ガスの成分を調べる検査は行っていなかった可能性があるということです。

会社は、道路運送車両法に違反していることを認めたうえで、調査の結果を山梨運輸支局に報告し、対象の車両の所有者にダイレクトメールや電話で連絡をして無償で再検査を行っているということです。

「ネッツトヨタ山梨」は「お客様、お取引先のみなさまに多大なるご迷惑、ご心配をおかけし心より深くお詫び申し上げます。今回の問題の原因の究明と再発防止に向けた対策の実行に、全社一丸となって取り組んでまいります」としています。