土石流被害 長野 茅野市に普通交付税の一部 繰り上げ交付へ

今月5日の大雨による土石流で被害を受けた長野県茅野市に、ことし11月に交付される予定の普通交付税の一部、4億9900万円が繰り上げて交付されることになりました。

普通交付税は自治体の財源不足を補うために国から年4回に分けて交付されていて、災害で大きな被害を受けた場合には時期を繰り上げて交付できることになっています。

総務省は、今月5日の大雨で土石流が発生し、住宅などに被害が出た長野県茅野市に、ことし11月に交付する予定の普通交付税の一部、4億9900万円を来週13日に交付することを決めました。