米中首脳が電話会談 競争を衝突に発展させないため意見交わす

アメリカのバイデン大統領は中国の習近平国家主席と電話で会談し、アメリカがインド太平洋地域の平和と安定を重視する姿勢を強調するとともに、両国間の競争を衝突に発展させないための方策について意見を交わしました。

アメリカのホワイトハウスは9日夜(日本時間10日昼前)声明を発表し、バイデン大統領が中国の習近平国家主席と電話で会談したことを明らかにしました。

声明によりますと、両首脳は互いの利益が一致する分野に加え、利益や価値観が異なる分野について幅広く戦略的な議論を行ったということです。

また、バイデン大統領は、アメリカがインド太平洋地域や世界の平和と安定、繁栄を重視していることを強調したということです。

さらに声明は「両首脳は、競争を衝突につなげないための両国の責任について意見を交わした」としています。

一方、中国外務省によりますと、習主席は「一時期からのアメリカの対中政策によって両国の関係は深刻な困難に直面している。中国とアメリカの協力は両国と世界に利益をもたらすが、対立は損害をもたらす」と述べたということです。

また、習主席は「互いの違いを適切に管理することで、気候変動問題や新型コロナウイルス対策、経済回復に加えて国際社会の重大な問題で協力を推し進めることができる」と述べ、連携を呼びかけたということです。

バイデン政権は、中国を「最大の競合国」と位置づけ、新疆ウイグル自治区の人権問題や南シナ海などでの海洋進出の動きに懸念を強め、日本など同盟国とともに圧力を強化しています。

今回の会談には、首脳どうしが直接意見を交わすことで、対立が意図しない形で先鋭化することを避けたいという思惑もあったと見られます。

中国 報道官「恒常的に連絡続けることで合意」

中国の習近平国家主席がアメリカのバイデン大統領と電話会談を行ったことについて、中国外務省の趙立堅報道官は、10日の記者会見で「双方は、トップどうしが両国関係や重大な国際問題で深く意思疎通することが、両国関係を正しい発展の方向に導くことに非常に重要であるという認識で一致し、引き続き、さまざまな方法で恒常的に連絡を続けることで合意した」と述べました。

また、バイデン政権が関係を深める台湾について「台湾問題は両国関係の中で最も重要で敏感な問題であり『1つの中国』の原則は両国関係の政治的な基礎だ。バイデン大統領も電話会談でアメリカは『1つの中国』の政策を変えるつもりはないという考えを示した」と強調しました。

加藤官房長官「米中関係の状況注視」

加藤官房長官は、午後の記者会見で「世界第1位と第2位の経済大国である米中両国の関係の安定は国際社会にとっても極めて重要で、日本政府としても首脳電話会談を含め、米中関係の状況は注視している。引き続き同盟国たるアメリカとの強固な信頼関係のもとさまざまな協力を進めつつ中国に対しても、大国としての責任をしっかり果たしていただけるよう、働きかけていく考えだ」と述べました。