路上で60歳男性が倒れ死亡 頭にぶつかったような傷 埼玉 川越

9日、埼玉県川越市の路上で60歳の男性が倒れているのが見つかり、その後死亡しました。男性の頭には何かがぶつかったような傷があったということで警察が詳しい状況を調べています。

9日午後2時すぎ、川越市笠幡の路上を通りかかった人から「男性が頭から血を流して倒れている」と消防に通報がありました。

男性は病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、死亡したのは市内に住む60歳の男性で、頭には何かがぶつかって大きな衝撃を受けたような傷があったということです。

警察はひき逃げにあった可能性もあるとみて、詳しい状況を調べています。

現場はJR川越線の笠幡駅から北におよそ1キロ離れた住宅街です。