共産 志位委員長 “野党が連携し衆院選で政権交代を目指す”

自民党総裁選挙をめぐって、共産党の志位委員長は、総裁がかわるだけでは政権与党の問題点は改善されず、新型コロナウイルスから命を守るには政治の転換が必要だとして、野党で連携し、衆議院選挙で政権交代を目指す考えを強調しました。

衆議院選挙に向けて、共産党は8日党本部で中央委員会総会を開きました。

この中で志位委員長は、自民党総裁選挙をめぐって「自民党は、菅総理大臣の『政権投げだし』という深刻な危機を、総裁選挙という目先の顔をかえる競い合いを演じることで打開しようと必死だが、誰が新総裁に選出されても、新しい政治は出てこない」と指摘しました。

そのうえで「日本の政治を変えるためには、政権交代が必要だ。新型コロナの感染爆発や医療崩壊は、やるべきことを怠ってきた『自公政権』の人災で、選挙でその人災の責任を取らせたうえで、命を守る新しい政権をつくる」と述べ、野党で連携し、衆議院選挙で政権交代を目指す考えを強調しました。

維新 馬場幹事長「国民の大半はコロナの早い収束」

日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で「地元で有権者の声を聞いている感触では、国民の大半は、次の自民党総裁に誰が選ばれるかよりも、新型コロナを早く収束させ、経済をまわしてほしいという思いだ。おそらく来るであろう第6波に備え、コロナ専用病院の設置や臨時の大型医療施設の整備など先手を打つ感染症対策を急ぐべきだ」と述べました。