【動画】“日本最古じゃなかった”時計台 稼働140年で公開

日本最古の時計台ではないことが、ことし判明したことが話題となった兵庫県豊岡市の時計台「辰鼓楼」が8日、時計が動き出してから140年を迎え、内部が特別に公開されました。

兵庫県豊岡市出石町の出石城跡にある高さ13メートルの辰鼓楼は、建てられてから10年後の明治14年・1881年に、機械式の大時計が取り付けられ、長年、“日本最古の時計台”とも紹介されていました。

しかし、ことしになって、市内の小学校の古い日誌などから、大時計が取り付けられた詳しい日付が札幌市時計台より27日遅い9月8日であることが明らかになり、“日本最古ではない”ことが分かりました。

ただ、このことが話題になったことから、地元の観光協会では「2番目に古い時計台」と名乗るとともに、時計が設置された9月8日を「いずし時の記念日」と定めました。
初めての記念日を迎えた8日は、特別に内部が公開され、地元の人たちが急な階段を3階まで上り、現在4代目となった時計の構造を見たり、観光ガイドの案内を聞きながら町並みを眺めたりしました。
但馬國出石観光協会の川見善明理事長は「新型コロナの影響で観光客は減っていますが、地元の人たちが再注目し、集まってくれてうれしく思います。これからも大切にして、多くの人に出石に訪れてもらいたいです」と話していました。