マウスのES細胞から精子作製 試験管の中だけで成功 京大など

体のさまざまな細胞になる万能細胞の1つ、「ES細胞」から正常に働く精子を試験管の中だけで作り出すことにマウスを使った実験で成功したと京都大学などのグループが発表しました。
生殖細胞が作り出されるメカニズムの解明につながると期待されています。

これは、京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らのグループがオンラインで会見を開いて明らかにしました。

これまでマウスのES細胞から精子を作る際には、はじめに精子の元となる「精子幹細胞」を作製してそれをマウスの精巣に移植する必要がありました。

今回、グループではES細胞から作製した「精子幹細胞」をマウスの精巣の組織と一緒に試験管の中でおよそ1か月半培養することで精子を作り出すことに成功したということです。

できた精子をマウスの卵子に受精させたところ健康なマウスの赤ちゃんが生まれたことから、精子が正常に働くことも確認できたということです。

グループによりますとES細胞やiPS細胞から試験管の中だけで精子や卵子を作り出す技術は、マウスの卵子では実現していましたが、精子は初めてだということです。
斎藤教授は、「不妊の原因を探るための強力なシステムを得たと考えている。生殖細胞が作り出されるメカニズムの解明につながる可能性がある」と話していました。