デジタル庁 有識者会議設置 今月初会合へ 楽天 三木谷社長ら

デジタル社会を実現するための新たな重点計画の策定に向けて、デジタル庁は有識者会議を設置し、今月中にも初会合を開いて検討を始めることになりました。

デジタル庁が設置した「デジタル社会構想会議」は、内閣官房参与で、慶應義塾大学教授の村井純氏が座長を務めることになりました。

また、楽天グループ社長の三木谷浩史氏や、全国知事会の会長を務める鳥取県の平井知事のほか、当初、デジタル庁の事務方トップの「デジタル監」への起用が検討された、IT関連企業のデジタルガレージ共同創業者・取締役の伊藤穰一氏らがメンバーとなっています。

デジタル庁は、今月中にもこの有識者会議の初会合を開き、デジタル社会を実現するための新たな重点計画の策定に向けた検討を始めることにしています。