プロ野球 オリックスがロッテにサヨナラ勝ち 首位に返り咲く

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグの首位攻防戦はオリックスがロッテにサヨナラ勝ちし、首位に返り咲きました。

パ・リーグ

▽オリックス対ロッテはオリックスが4対3で勝ちました。

オリックスは1対3の8回、代打・大下選手の1号ソロなどで2点をあげて同点とし、9回は1アウト満塁から大下選手のタイムリーで試合を決めました。

5人目の平野佳寿投手が4年ぶりの勝利です。

ロッテは2位に後退しました。

▽西武対ソフトバンクは西武が6対5で勝ちました。

西武は2点を追う8回、2アウトランナーなしからチャンスを作り、川越選手のタイムリーツーベースと源田選手の2点タイムリーで逆転しました。

9回は平良投手が締めて13セーブ目。

ソフトバンクは6回に甲斐選手の9号スリーランで逆転しましたが6人目の甲斐野投手が誤算でした。

▽日本ハム対楽天は日本ハムが4対2で勝ちました。

日本ハムは2対2に追いつかれた直後の5回、近藤選手の2点タイムリーで勝ち越しました。

先発の伊藤投手はランナーを出しながらも要所を締めて7回2失点で9勝目をあげました。

楽天は先発の早川投手が5回4失点で5敗目を喫しました。

セ・リーグ

▽阪神対ヤクルトはヤクルトが12対0で勝ちました。

ヤクルトは1回、青木選手のタイムリーで先制し、2回はサンタナ選手の10号ソロ、3回には村上選手の32号スリーランなどヒット18本で12点をあげて大勝しました。

先発の奥川投手は7回をヒット2本無失点の好投で6勝目です。

阪神は完敗で連勝は3で止まりました。

▽広島対中日は広島が8対7で勝ちました。

広島は4点を追う9回、2アウトから西川選手と鈴木誠也選手の連続タイムリーで2点を返し、さらに坂倉選手の10号スリーランで逆転サヨナラ勝ちしました。

6人目の菊池保則投手が今シーズン初勝利。

広島は3連勝です。

中日はおさえのライデル・マルティネス投手が誤算でした。

▽DeNA対巨人はDeNAが8対2で勝ちました。

DeNAは1対2の5回、宮崎選手のタイムリーツーベース、ソト選手の2点タイムリーツーベース、代打・楠本選手の2号スリーランなどで一挙7点を奪い逆転しました。

移籍初登板した先発の宮國投手は5回2失点で4年ぶりの勝ち星をあげました。

巨人先発の菅野投手は5回途中7失点と崩れ、6敗目を喫しました。

巨人は引き分け1つを挟んで3連敗です。