サラ・ハーディングさん 乳がんで死去 検診先送りで発見遅れる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でがんの検診を先送りし、その後、乳がんにかかったことを公表していた、イギリスの歌手のサラ・ハーディングさんが闘病生活の末、亡くなりました。

ロンドン郊外出身のサラ・ハーディングさんは、2002年に5人組の女性ポップグループ「ガールズ・アラウド」のメンバーとしてデビューしました。

デビュー曲などがイギリスの音楽チャートで1位を飾り、2013年にグループが解散したあとも、歌手や俳優として活動を続けましたが、去年、乳がんにかかったことを公表していました。

ハーディングさんはことし3月に出版した自伝で、当初、脇の下にしこりを感じたため、医師に詳しい検診を受けるよう勧められたものの、新型コロナの感染が広がる中「すべてが止まったように感じた。なんとかしなければならないと思ったが、そうした状況では難しかった」と振り返り、がんの検診を先送りしたため、発見が遅れたことを明らかにしていました。

闘病生活を続けていましたが、公式インスタグラムによりますと、5日朝、亡くなったということです。

39歳でした。

感染拡大の影響によるがん検診などの受診控えの増加は海外でも指摘されていて、各国の保健当局は、なんらかの症状がある場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけています。