宮崎 新富町町長 ステルス戦闘機「F35B」受け入れを事実上容認

最新鋭のステルス戦闘機「F35B」の宮崎県の航空自衛隊新田原基地への配備をめぐり、地元、新富町の町長は、6日の町議会で「受け入れを前提として協議を進める」と述べ、受け入れを事実上容認しました。

防衛省はことし7月、自衛隊が導入する最新鋭のステルス戦闘機「F35B」の配備先として宮崎県新富町の航空自衛隊新田原基地が最適とする考えを地元自治体に伝えました。

これについて、新富町の小嶋崇嗣町長は、6日の町議会で「基本的には受け入れを前提として協議を進めていきたい」と述べ、F35Bの受け入れを事実上容認しました。

小嶋町長が大きな理由として挙げたのが、F35Bの配備計画の前から地元が求めていた騒音対策です。

町長は、最近になって防衛省から防音工事の対象となる住宅の範囲を広げる提案が出されたものの、F35Bを受け入れなければ対策の実施が先延ばしになってしまうという考えを示しました。

防衛省によりますと、新田原基地へのF35Bの配備は令和6年度から始まり、将来的にはおよそ20機が配備される予定です。

町民の中には騒音の悪化や事故などへの不安も根強くありますが、国の担当者による各地区の区長への説明会は新型コロナウイルスの感染拡大で開催できていません。

6日の町議会では、議員から町民への説明の場を早期に設けるよう求める意見も出されました。