自民党総裁選 立候補に向けた動き活発に 顔ぶれはどうなる?

菅総理大臣の後継を選ぶ自民党総裁選挙は立候補に向けた動きが活発になっています。一方、党内の各派閥も幹部が会合を開くなど対応の検討を本格化させています。

岸田前政調会長「国民に寄り添い対話 示すべき政治の姿勢」

立候補を表明している岸田前政務調査会長は午前中、議員会館の参議院議員の事務所を回りました。党所属議員の事務所へのあいさつ回りは6日で一巡したということです。

午後にはテレビ朝日の情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」に出演し、新型コロナ対策について「事業主などからさまざまな声を聞いたが、心が疲れ、いつまで頑張ればいいのかという思いを感じさせることばが多かった。政府が『頑張れ、頑張れ』と言い続けるのではなく国民に寄り添って対話することが、いま示すべき政治の姿勢だ」と述べました。

このあとは議員会館の事務所で岸田派の議員と打ち合わせなどを行いました。

高市前総務相 立候補表明に向け準備

高市前総務大臣は立候補に必要な20人の推薦人の確保にめどが立ったとして立候補する意向を固めています。

高市氏は4日から3日連続で東京都内の議員宿舎で過ごしていて、みずからの政策資料の作成や支援する議員と電話で連絡を取り合うなど、立候補表明に向けた準備を進めています。

高市氏をめぐっては党内最大派閥の細田派出身の安倍前総理大臣が支援する考えを示しています。

河野規制改革相 派閥会長の麻生副総理・財務相と会談

河野規制改革担当大臣は午前中、東京 永田町の合同庁舎でワクチン接種についての打ち合わせを行いました。

そして午後1時ごろ財務省を訪れ、所属する麻生派会長の麻生副総理兼財務大臣と30分余り会談しました。このあと河野大臣は記者団の問いかけには応じませんでした。

河野大臣は菅総理大臣が総裁選挙への立候補断念を表明した直後にも財務省で麻生氏と会談し、立候補を検討していると伝えました。

ただ、麻生氏はこれまで派閥をあげての支援には消極的な考えを示しており、会談では引き続き立候補をめぐって意見が交わされたものとみられます。

河野大臣はこのあと麻生派の幹部を務める自民党の甘利税制調査会長のもとを訪れ、党内や派閥内の情勢などについて意見を交わしました。

また、新型コロナウイルスのワクチンをめぐり記者団の取材に応じ「総裁選挙に立候補した場合、ワクチン担当の業務に影響はないか」と問われたのに対し、河野大臣は「影響を出さないようにしっかりやっていきたいと思う」と述べました。

野田幹事長代行 推薦人の確保急ぐ

立候補に意欲を示している野田幹事長代行は午後、国会内で開かれた全日本ろうあ連盟が主催する集会に出席しました。

この中で野田氏は連盟が求めている手話の普及を後押しするための「手話言語法」の制定に理解を示しました。

野田氏はこれに先立って議員会館の事務所で自らを支援する議員や二階派の議員と相次いで会談し、党内の情勢について意見を交わしました。

野田氏は立候補に必要な20人の推薦人の確保を急ぐ方針です。

石破元幹事長「白紙は変わらない」も… “推薦人にめど”

石破元幹事長は6日午前、NHKのインタビューに応じ、総裁選挙への対応について「白紙であることには変わらない」と述べました。

一方で「推薦人になってくれる人のめどはついており政策も常に準備はしてきた。国民に対して説明責任を誠実に果たす政治の実現につながり、それが可能になるならば自分が出ることも大きな選択肢だ」と述べました。

また、4日の二階幹事長らとの会談については「私からお願いした。渦中に私もいるので、今の幹事長に『よろしくご指導ください』というのは当然のことだ」と述べました。

細田派参院議員“政策検証しながら議論”

自民党内の最大派閥、細田派の参議院議員30人余りは6日午前、オンラインで会合を開きました。

会合では、細田派出身の安倍前総理大臣が立候補の意向を固めた高市前総務大臣を支援する考えを示していることなどを踏まえ、党内の情勢について意見を交わしました。

そして、総裁選挙の候補者が示す政策の検証を行いながら丁寧に議論していくことを確認しました。

竹下派 茂木外相「グループでまとまっていこう」

竹下派は6日夕方、国会近くの派閥の事務所に、派閥の会長代行を務める茂木外務大臣のほか関口参議院会長や額賀元財務大臣ら派閥の幹部が集まりおよそ1時間意見を交わしました。

会合では菅総理大臣が立候補を断念したことを受けて構図が変わったとして、派閥の所属議員の意向を確認しながら対応を検討することになりました。

このあと茂木大臣は記者団に対し「丁寧に意見を聞いて、グループとしてまとまっていこうと確認した」と述べました。

また記者団から、自身が総裁選挙に立候補する考えがあるか問われたのに対し、茂木大臣は「いろんな意見をよく聞いて対応していくが自分にとって重要な役割は派閥の会長を務める竹下元総務会長の体調が万全でない中、グループをしっかりまとめていくことだ」と述べました。

二階派“状況見ながら対応検討”

二階派は6日午後、二階幹事長や河村元官房長官、中曽根元外務大臣ら派閥の幹部が党本部に集まりました。

そして、誰が立候補するかなど今後の状況を見ながら引き続き対応を検討していくことを確認しました。

谷垣グループ“党内状況を見極める”

谷垣グループは6日午後、中谷 元防衛大臣や遠藤元オリンピック・パラリンピック担当大臣と中堅・若手議員が会合を開きました。

そして、今月17日の告示までまだ時間があることから、引き続き党内の状況を見極めていくことを確認しました。

菅首相に近い無派閥グループ“自主投票に決定”

菅総理大臣に近い無派閥の衆議院議員のグループは6日午後、国会内で会合を開き、坂井官房副長官ら10人余りが出席しました。

この中で坂井副長官は「菅総理大臣は誰を推すということは言わない。自由に自分の信念や信条に基づいて投票して欲しいと言っている」と報告したということです。

そして、グループとしては今回の選挙は自主投票にすることを決めました。