立憲民主党 独自の補正予算案取りまとめへ 政治空白を懸念

新型コロナウイルスの影響が長期化することが見込まれ、補正予算が必要になるとして、立憲民主党は生活困窮者への現金給付などを盛り込んだ党独自の案をまとめることになりました。

立憲民主党は、菅総理大臣の後継を選ぶ自民党総裁選挙から新内閣が発足するまで政治空白が懸念される一方、新型コロナの影響は長期化が見込まれることから、党独自の補正予算案をまとめることになりました。

具体的には、直面するかつてない危機に対応できるものにする必要があるとして、財政支出が必要ないわゆる「真水」で30兆円を超える規模にする方針です。

そして、生活困窮者への現金給付や、事業者への持続化給付金の再給付などに加え、医療提供体制の強化に必要な経費などを盛り込むことを検討しています。

一方、国民民主党は国民生活は極めて厳しいとして、いわゆる「真水」で50兆円規模の補正予算を求める緊急提言をまとめました。

緊急提言では、感染収束までの間、消費税の税率を0%に引き下げたうえで、すべての国民に再び一律10万円を給付し、所得の低い人にはさらに10万円上乗せするよう求めています。

また、飲食店などが事業を継続できるように、その規模に応じて家賃や人件費を支援すべきだとしています。