完全自動運転の実現へ 国土交通省 来年度から本格的な検討へ

車のすべての操作をコンピューターシステムに委ねる自動運転の実現に向けて、国土交通省は歩行者の急な飛び出しといった不測の事態が起きた際、システムがどこまで責任を負うべきかなどについて、来年度から本格的な検討を始める方針です。

自動運転は技術の進み具合によって5段階に分けられ、いまは渋滞中の高速道路など一定の条件のもとで行う「レベル3」まで実用化されていますが、政府は2025年をめどに場所などを限定したうえで完全に自動で運転する「レベル4」の実現を目指しています。

これに向けて、国土交通省は安全性の基準づくりの一環として、システムがどこまで責任を負うべきかなどについて、来年度から本格的な検討を始める方針です。

この中では、自動運転の車の走行中、歩行者の急な飛び出しや落石といった不測の事態が起きた際、人が運転していれば事故を回避できた可能性とも照らし合わせながらデータを分析します。

そしてシステムの性能上、安全を保証しなければならない範囲を定めることにしています。

国土交通省は検討の結果をガイドラインなどにまとめ、民間企業による自動運転の技術開発に役立ててもらいたいとしています。