タリバンに対し女性たちが異例の抗議デモ

アフガニスタンで武装勢力タリバンが新政権の樹立を目指す中、女性たちが連日教育や就労などの権利を訴えて異例のデモ行進を行っていて、一部でタリバンの戦闘員との小競り合いも起きています。

首都カブールでは4日、数十人の女性が街頭で「女性の権利を守らない政権に正当性はない」などと声をあげながらデモ行進しました。

女性たちは「私たちは恐れない」などと書かれた紙を持って、タリバンに対して教育や働く権利を侵害しないよう訴えました。

女性たちは武装したタリバンの戦闘員に囲まれて小競り合いになり殴られたと訴える女性もいました。

参加者の1人は「仕事や学校に行けない女性たちの声をタリバンに訴えに来た」と話していました。

女性がタリバンの戦闘員と対じしてみずからの主張を訴えるのは異例のことです。

アフガニスタンではタリバンが近く新たな政権の樹立を宣言するため、国内のほかの勢力などと協議を進めています。

タリバンの幹部はイスラムの規範の範囲内で女性の権利は認められると説明していますが、旧タリバン政権が女性の教育や就労の機会を厳しく制限したことから女性たちの不信感は強く、国際社会も新たな政権が実際にどのように女性の権利保護などの政策を実行するのか注視しています。

女性権利保護の活動家「多くの女性がタリバンに不信感」

アフガニスタンで女性の権利保護に取り組む活動家のマハブーバ・セラジさん(73)はNHKの取材に対し「タリバンに家にいるように言われ仕事に行けない女性もいるが、今は女性たちの命を危険にさらさないためにも何が起きているのかを慎重に見ていく必要がある」と述べました。

女性によるデモが相次いでいることについては「タリバンが女性は政府の要職につけないなどと言っているため女性たちは街頭に出始めた」と述べ、多くの女性がタリバンに不信感を抱いているとしています。

タリバンが包括的な政権を作ると説明していることについては「男性も女性も、すべての民族の代表も含まれなければ包括的とは言えない」と述べ、女性も政権に含めるよう求めました。

セラジさんは「アフガニスタンでやるべき仕事がある。生きているかぎり活動を続けたい」と述べ、タリバンが主導する新たな政権下でも女性の権利を守る活動を続けていきたいとしています。