立民 枝野代表「新内閣は国会質疑を経て総選挙すべき」

こんどの衆議院選挙について立憲民主党の枝野代表は、自民党総裁選挙後に臨時国会を開き、新内閣の政治姿勢などへの質疑を行ったうえで実施すべきだという認識を示しました。

立憲民主党の枝野代表は4日、訪問先の松江市で記者団の取材に応じました。

この中で枝野氏は、菅総理大臣の立候補断念を受けて自民党総裁選挙をめぐる動きが活発になっていることについて「総裁選挙に投票できるのは自民党員だけで、国民みんなが参加できるのは総選挙だ。どなたが相手であれ、正々堂々と決勝戦を戦うだけだ」と述べました。

そのうえで、こんどの衆議院選挙について「新内閣が所信表明演説や代表質問、それに予算委員会をやらずに逃げることは考えられない」と述べ、自民党総裁選挙後に臨時国会を開き、新内閣の政治姿勢などへの質疑を行ったうえで実施すべきだという認識を示しました。

また枝野氏は、立憲民主党が衆議院選挙で政権を獲得した場合に進めたい政策を来週以降、順次公表していく意向を明らかにしました。