広島 尾道市や福山市を流れる5つの川で氾濫危険水位に

広島県によりますと、県東部を流れる5つの川で氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えました。

午前3時前までに氾濫危険水位を超えているのは、尾道市を流れる御調川の丸門田観測所、尾道市を流れる羽原川の松永観測所、福山市を流れる本郷川の今津観測所、福山市を流れる手城川の手城観測所、福山市を流れる有地川の福田観測所です。