イギリス最新鋭の空母 きょう日本に到着 自衛隊と共同訓練へ

インド太平洋地域に展開中のイギリスの最新鋭の空母「クイーン・エリザベス」は4日、日本に到着する予定で、今後数週間にわたり、自衛隊との共同訓練を行うことにしています。

イギリス海軍の最新鋭の空母「クイーン・エリザベス」は、ことし5月にイギリスを出航し、先月には沖縄の南の海上で、日本の自衛隊やアメリカ軍などと共同訓練を行うなど、パートナーである国々との連携を強化しています。

イギリス政府によりますと、空母「クイーン・エリザベス」は4日、日本に到着する予定です。在日アメリカ海軍の横須賀基地に寄港し、今後数週間にわたって、自衛隊と空や海における共同訓練を行うことにしています。

空母とともに、打撃群を構成しているイギリスの艦船も先月、長崎の佐世保に寄港しています。

イギリスは日本をアジアにおける安全保障上、最も緊密なパートナーと位置づけていて、今回の訪問は、自由や民主主義、人権や法の支配といった共通の価値観をもつ日本との安全保障面での協力を新たなレベルに引き上げるものだとしています。

イギリスは、ことし3月に公表した外交や安全保障の新たな方針で、インド太平洋地域を重視する方針を明らかにしていて、この地域で海洋進出の動きを強め、影響力を拡大する中国をけん制するねらいもあるとみられています。