東証 取引終了時間30分延長で調整 3年後の実現目指す

東京証券取引所は投資家の利便性を高めるため、一日の取り引きの終了時間を今より30分延ばす方向で最終的な調整に入ったことがわかりました。3年後の実現を目指す方向で、実現すれば取り引きの終了時間がおよそ70年ぶりに延びることになります。

関係者によりますと、東証は現在、昼休みを除いて午前9時から午後3時までとしている取引時間を午後3時半まで延長する方向で最終的な調整に入りました。

取引時間を30分延ばすことで、この10年、ニューヨークや上海などの株式市場と比べて上場する企業の時価総額が伸び悩んでいる東京市場に投資を呼び込みたいねらいがあります。

また、東証では、去年10月にシステム障害が発生し、終日売買が停止しましたが、取引時間の延長で復旧したあとに売買できる時間を確保しやすくなり、投資家などへの影響をより少なくすることにつながるとしています。

東証は3年後をめどとしている次の大規模なシステム改修にあわせて延長を目指すということで、実現すれば1954年に取り引きの終了時間が午後2時から3時になって以来、およそ70年ぶりに変わることになります。

現在は取引終了の午後3時にあわせて決算などの重要な情報を公表する企業も多くあり、半世紀以上続いたこうした慣例も変わることになりそうです。