テニス全米オープン 錦織圭 フルセットの末勝利 3回戦進出

テニスの四大大会の1つ、全米オープンは2日、男子シングルスの2回戦が行われ、錦織圭選手は、アメリカの選手にセットカウント3対2のフルセットで勝ちました。

男子シングルスで世界ランキング56位の錦織選手は、大会4日目の2日に行われた2回戦で、先月のツアー大会の準決勝で敗れた、世界61位でアメリカのマケンジー・マクドナルド選手と対戦しました。

試合は、錦織選手が第1セットでタイブレークを制して7-6で奪うと、続く第2セットも6-3で取りました。

しかし、ここから相手の反撃を許し、第3セットと第4セットを連続で奪われて、試合は第5セットに入りました。

最終セットまでもつれた試合で高い勝率を誇る錦織選手は、この第5セットの勝負どころでしっかりとポイントを奪い、6-3で取って、セットカウント3対2、試合時間3時間57分の熱戦を制して、3回戦に進みました。

3回戦では、東京オリンピックの準々決勝で敗れた、世界1位でセルビアのノバク・ジョコビッチ選手と対戦します。

このほかの日本勢は、女子シングルスの2回戦で土居美咲選手がストレートで敗れ、3回戦進出はなりませんでした。