天皇ご一家 皇居への引っ越し 今月6日から10日間の日程で

天皇ご一家の皇居への引っ越しについて、宮内庁は、今月6日から10日間の日程で作業が行われ、その間、ご一家が皇居・宮殿に居住されることを発表しました。

宮内庁によりますと、天皇ご一家のお住まいの「赤坂御所」から、新たなお住まいとなる皇居の「御所」に、身の回りの荷物を移す引っ越し作業は、今月6日から15日までの10日間の日程で行われます。

その間、天皇ご一家は皇居・宮殿内で生活されるということです。

宮殿は重要な儀式や皇室行事に使われる建物で、天皇や皇族が居住することは想定されていませんが、天皇陛下がコロナ禍での地方への移動などを固辞する考えを示され、宮内庁が天皇陛下の意向も踏まえて検討した結果、異例の対応を取ることになったということです。

今回、ご一家が居住するにあたって、宮殿には新たに寝室がしつらえられるということです。

天皇ご一家は今月15日に御所に入り、新たな生活を始められることになります。