菅首相「コロナ対策に専念」総裁選に立候補せず 記者団に表明

菅総理大臣は総理大臣官邸で記者団に対し、今月行われる自民党総裁選挙に立候補しないことを表明しました。これにより菅総理大臣は今月末に総裁としての任期が満了するのに伴い、退任することになります。

この中で菅総理大臣は「先ほど開かれた自民党役員会で私自身、新型コロナ対策に専念をしたいという思いの中で、自民党総裁選挙には出馬をしないことを申し上げた」と述べ、今月行われる自民党総裁選挙に立候補しないことを表明しました。

これにより菅総理大臣は今月末に総裁としての任期が満了するのに伴い、退任することになります。

そして菅総理大臣は「総理大臣になってから1年間、まさに新型コロナ対策を中心とするさまざまな国が抱える問題に全力で取り組んできた。今月17日から自民党の総裁選挙が始まることになっている。私自身、出馬を予定する中でコロナ対策と選挙活動を考えた時に莫大なエネルギーが必要だ。そういう中でやはり両立はできず、どちらかに選択すべきだ」と述べました。

そのうえで「国民に約束を何回もしており、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため私は専念したいと判断した。国民の命と暮らしを守る総理大臣として私の責務なので、専念してやり遂げたい」と述べ、来週にも改めて記者会見を行う考えを示しました。