生後3か月の男児が頭殴られ死亡 23歳母親逮捕 日常的に虐待か

高松市で生後3か月の長男に頭を殴るなどの暴行を加えて死亡させたとして、23歳の母親が傷害致死の疑いで逮捕されました。

母親は以前から暴行していたと話していることなどから、警察が詳しいいきさつを調べています。

逮捕されたのは、高松市勅使町の無職、津守綾美容疑者(23)です。

警察によりますと、ことし7月下旬から9月2日にかけて、自宅のマンションの部屋で生後3か月の長男の湊ちゃんの頭を複数回殴るなどの暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

2日午前8時すぎ、津守容疑者から「息子が息をしていない」と消防に通報があり、意識不明の状態で病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

警察によりますと、調べに対し「息子が泣きやまないので頭を殴った」などと供述し、容疑を認めているということです。

湊ちゃんには頭や胸の骨折などがあったほか、津守容疑者が7月下旬頃から暴行していたと話していることなどから、警察は日常的に虐待をしていた可能性もあるとみて、詳しいいきさつを調べています。