パラリンピック 大会10日目 日本 2個のメダル獲得 合計27個に

東京パラリンピック大会10日目。

日本は、競泳の▽男子50メートル自由形運動機能障害のクラスで、鈴木孝幸選手が銀メダル、▽女子50メートル背泳ぎの運動機能障害のクラスでは、山田美幸選手が銀メダルを獲得しました。

競泳

34歳の鈴木選手は5大会連続の出場となる今大会、金メダル1つ、銀メダル2つ、銅メダル2つという結果で、出場した5つの種目すべてでメダルを獲得するという、偉業を成し遂げました。
また、山田選手は女子100メートル背泳ぎに続く今大会2つ目の銀メダルです。

メダル獲得数

日本は2日、2つのメダルを獲得し、総数は▽金が6個、▽銀が9個、▽銅が12個のあわせて27個になっています。

メダルの総数を多い順にみますと、
▽中国が金77個、銀46個、銅44個の合わせて167個、
次いで
▽ロシアパラリンピック委員会が金32個、銀23個、銅42個の合わせて97個、
▽イギリスが金34個、銀27個、銅35個の合わせて96個となっています。