ニューヨーク市で非常事態宣言 記録的大雨で浸水被害 7人死亡

アメリカ東部ではハリケーンから変わった熱帯低気圧の影響で各地で大雨による浸水被害などが相次いでいて、複数の現地メディアはニューヨーク市では2歳の男の子を含む少なくとも7人の死亡が確認されたと伝えています。

アメリカ東部ではハリケーンから変わった熱帯低気圧の影響で、各地で大雨による浸水被害などが相次いでいます。

複数の現地メディアによりますと、このうちニューヨーク市では2歳の男の子を含む少なくとも7人の死亡が確認されたということです。

また、ニューヨーク市では1日夜、大雨などによりほとんどの地下鉄が運転を見合わせました。

AP通信の映像では、市内の地下鉄の駅で、大量の水が大きな音を立ててホームに流れ込み、通路をふさいでいるのが確認できます。

さらに、市の郊外では、水浸しのなかを車がゆっくりと進んだり、複数の人が太ももくらいまで水につかりながら歩いたりする様子が確認できます。
ニューヨーク市のデブラシオ市長は1日「記録的な大雨だ」として非常事態宣言を出し、不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

また、翌日朝5時まで、高速道路を含めた市内の道路で車による不要不急の外出を禁じる通知を出しました。