サッカーW杯アジア最終予選 日本は初戦でオマーンに敗れる

サッカー日本代表はワールドカップカタール大会、アジア最終予選の初戦として2日夜、大阪 吹田市でオマーンとの試合に臨み、0対1で敗れました。

ボール支配率は60%超えるも...

世界ランキング24位の日本はアジア最終予選の初戦として世界79位のオマーンと大阪 吹田市のパナソニックスタジアム吹田で対戦しました。

この試合では2次予選で7試合連続ゴールをあげた南野拓実選手がけがのため先発メンバーから外れ、フォワードの大迫勇也選手などが先発しました。

日本は序盤からオマーンの中央を固める守備と、高い位置からのプレッシャーに苦しみ、0対0で折り返しました。

後半には東京オリンピックでも活躍した久保建英選手や堂安律選手などを投入しましたが得点を奪うことはできず、逆に43分に日本の左サイドを崩されて、相手の途中出場の選手に先制点を奪われて0対1で敗れました。

試合を通して日本のボール支配率は60%を超えましたが、シュートは相手より少ない9本にとどまり、7大会連続のワールドカップ出場に向けて厳しいスタートとなりました。

コンディションの差が響く

日本はこれまで負けたことがなかったオマーンを相手に痛い敗戦を喫し、7大会連続のワールドカップ出場に向けて厳しいスタートになりました。

日本の選手たちは立ち上がりから精彩を欠き、こぼれたボールへの反応で先手を取られるケースやパスがずれる場面が目立ち、徐々に相手に主導権を握られました。

オマーンはこの試合に向けてセルビアでおよそ1か月間の合宿を行ってコンディションを整え、選手どうしの連係も深めてきたということで中央を固める守備や高い位置からプレスをかける戦術も徹底されていました。

これに対して日本は、ベンチ入りした22人のメンバーのうち、ヨーロッパでプレーする選手が15人を占め、選手たちは所属クラブでの試合を終えてオマーン戦の直前に合流しました。

全体練習も1回しかできていない状況で、コンディション面や選手どうしの連係には課題が残り「準備」という点ではオマーンと大きな差がありました。

キャプテンの吉田麻也選手は「相手のコンディションのほうがよかった。ポジショニング、距離感、判断の遅さ、集中力。全部うまくはまっていなかった。移動や時差の疲れなのかわからないが、いつものテンポでボールを回せなかった」と悔しさをにじませました。

今月7日に控えている第2戦の相手、中国はカタールで初戦を戦って移動なしのまま日本との試合に臨みます。

吉田選手は「そういう状況の中でも結果出すのが日本代表に課された使命で結果で示すしかない。次の中国戦もすぐ来るし、10月、11月の試合も待ってはくれない。早くいい状態に戻して勝ち点を積み上げなければいけない」と話していました。

柴崎岳「非常に難しいゲームだった」

柴崎岳選手は「自分たちに簡単なミスがある中でカウンター攻撃を受け、非常に難しいゲームだった。次の試合ではチームの舵をとりたい」と話しました。

長友佑都「ありえない敗戦」

長友佑都選手は「引いて守る相手のブロックを崩せず修正もできなかった。ありえない敗戦だ。メンタルを切り替え、次の試合は絶対勝ちたい」と悔しさをにじませながら話しました。

吉田麻也「負けるべくして負けた」

試合終了直後、キャプテンの吉田麻也選手は「負けるべくして負けた。きょうの試合はテンポもコンビネーションもよくなかった。次の試合では思い切ってプレーをして、勝ち点3を取らなければいけない。きちんとリカバリーをして、次の試合に備えたい」と話しました。

日本は「グループB」

アジア最終予選で日本が入るグループBはオーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、それにベトナムが入っています。

アジア最終予選 日本代表 今後の日程

《2021年》
9 /7(火)中国(カタール ドーハ)
10/7(木)サウジアラビア 開催地未定
10/12(火)オーストラリア(埼玉)
11/11(木)ベトナム(ハノイ)
11/16(火)オマーン(マスカット)
《2022年》
1 /27(木)中国 開催地未定
2 /1(火)サウジアラビア 開催地未定
3 /24(木)オーストラリア 開催地未定
3 /29(火)ベトナム 開催地未定
                    ※日付はいずれも現地時間
今後日本代表は、9月7日にカタールで中国と対戦します。当初の開催地である中国が新型コロナウイルスの感染拡大防止策として渡航を制限しているため、中立的な場所としてカタールのドーハに決まりました。

10月と11月に2試合ずつ、また来年1月末から2月はじめにかけて2試合、さらに、3月下旬に2試合を行って合わせて10試合を戦います。

試合は原則、ホームアンドアウェー方式で行われますが、新型コロナウイルスの影響でホームで開催できない場合は中国戦のように第三国で行われるケースもあります。

グループの上位2チームはワールドカップの出場権を獲得するほか、3位のチームは別のグループの3位と対戦して勝ったほうが大陸間プレーオフに進むことができます。

《試合詳細》

日本の先発メンバー

【GK】
12権田 修一(清水)
【DF】
2 植田 直通(仏 ニーム=2部)
5 長友 佑都(無所属)
19酒井 宏樹(浦和)
22吉田 麻也(伊 サンプドリア)(キャプテン)
【MF】
6 遠藤 航(独 シュツットガルト)
7 柴崎 岳(スペイン レガネス=2部)
8 原口 元気(独 ウニオンベルリン)
9 鎌田 大地(独 フランクフルト)
14伊東 純也(ベルギー ゲンク)
【FW】
15大迫 勇也(神戸)

試合開始 会場は雨

午後7時14分にオマーンのキックオフで試合が始まりました。

気象庁のアメダスのデータによりますと試合会場のある吹田市に隣接する大阪府豊中市の午後7時現在の気温は23.1度、また午後7時までの1時間に14.5ミリの雨が降りました。風は観測しませんでした。

前半13分 オマーンがポストプレーからシュートも得点ならず

フォワードの選手のポストプレーからボールを受けたオマーンのアルマンダル アルアラウィ選手がペナルティーエリア内でシュートを打ちましたが、ゴールキーパー権田選手がはじき、得点は与えませんでした。

前半25分までで無得点

前半25分をまわり、日本とオマーン、両チーム無得点です。

前半27分

オマーンの12番アブドゥラ・ファワズ選手にイエローカードが出ました。

前半28分

吉田選手からロングパスを受けたゴール前の伊東選手がシュートを打ちましたが、相手ゴールキーパーに止められました。

前半35分すぎ 伊東にイエローカード

前半35分を経過し日本とオマーン、両チーム無得点ですが、この直後に伊東純也選手に相手の11番のアルマンダル アルアラウィ選手へのファウルでイエローカードが出ました。
前半のアディショナルタイムは1分の表示。

前半終了 日本 0-0 オマーン

前半が終わりました。日本とオマーン、互いにシュートまで持ち込む場面も見られましたが、両チーム無得点です。
日本はディフェンスラインからのロングボールなども織り交ぜ、2列目の伊東選手や原口選手などを使った攻撃をみせましたが、得点にはつながっていません。

後半開始 日本はメンバー交代 FW古橋を投入

日本のキックオフで後半が始まりました。日本は、後半最初からミッドフィルダーの原口選手に代えて、フォワードの古橋亨梧選手を投入しました。

後半6分 一時はオマーンにPKの判定もVARで覆る

後半6分、日本はオマーンに右サイドを突破され、ゴール前にあがったクロスボールが長友選手の左腕に当たり「ハンドではないか」として、いったんはオマーン側にペナルティーキックが与えられました。しかし、VAR(ビデオ アシスタント レフェリー)で確認が行われた結果「ハンドではない」と判定が覆り、ペナルティーキックは取り消されました。

後半10分 サイドバックのクロスに合わせたのはサイドバック長友

右サイドを突破した右サイドバックの酒井選手のクロスボールに、ペナルティーエリア内の一番外側に入ってきた左サイドバックの長友選手が頭で合わせましたが、得点はなりませんでした。

後半18分 日本は2人目のメンバー交代 堂安投入

日本は伊東選手に代わって堂安 律選手(オランダ PSV)が入りました。

後半20分 大迫がエリア外からシュート狙うも阻まれる

左サイドで柴崎選手からのパスを受けた大迫選手がゴール右隅を狙うミドルシュートを打ちましたが、相手のゴールキーパーに阻まれました。

後半25分 日本は3人目のメンバー交代は久保建英

日本は鎌田選手に代わって久保建英選手(スペイン マジョルカ)を投入しました。東京オリンピックでも活躍した堂安選手と久保選手を攻撃的なポジションに投入し、得点を狙います。

後半40分 引いて守るオマーンのディフェンスを崩せず

後半40分を経過し、日本とオマーン、両チーム無得点です。日本は、先制点を狙い攻撃を仕掛けますが、守りに人数をかけて引いて守るオマーンから得点を奪えません。

後半43分 日本は先制を許す 日本 0-1 オマーン

後半43分、日本はワン・ツーから相手選手に左サイドを突破されると、クロスボールを途中出場のFWアルサビ選手に右足で合わされ先制されました。

後半のアディショナルタイムは5分です。

試合終了 日本は最終予選 黒星スタート

日本は、最後までゴールを奪うことができずオマーンに0対1で敗れました。ワールドカップカタール大会のアジア最終予選、日本はホームで黒星スタートとなりました。

冨安は移籍手続きのため欠場 南野は「左ももに違和感」

世界ランキング24位の日本に対してオマーンは79位で、おととし1月に行われたアジアカップで対戦したときは日本がペナルティーキックで挙げた1点を守り切り、1対0で勝っています。
センターバックのレギュラーの冨安健洋選手がイングランドプレミアリーグ、アーセナルへの移籍の手続きがあったためこの試合を欠場するほか、2次予選で7試合連続ゴールを挙げた南野拓実選手が左ももに違和感を抱えて1日の公式練習への参加を見送りました。

日本代表の24人=9月2日更新

【GK】=3人
川島 永嗣(38)(仏 ストラスブール)
権田 修一(32)(清水)
谷 晃生(20)(湘南)※A代表初選出
【DF】=10人
長友 佑都(34)(無所属)
吉田 麻也(33)(伊 サンプドリア)
佐々木 翔(31)(広島)
酒井 宏樹(31)(浦和)※9月2日に協会が「チーム離脱」発表
山根 視来(27)(川崎)
室屋 成(27)(独 ハノーバー=2部)
植田 直通(26)(仏 ニーム=2部)
中山 雄太(24)(オランダ ズウォレ)
冨安 健洋(22)(イングランド アーセナル)
昌子 源(28)(G大阪)※ケガで離脱の板倉 滉に代わり追加招集
【MF】=9人
原口 元気(30)(独 ウニオンベルリン)
柴崎 岳(29)(スペイン レガネス=2部)
遠藤 航(28)(独 シュツットガルト)
伊東 純也(28)(ベルギー ゲンク)
南野 拓実(26)(イングランド リバプール)
守田 英正(26)(ポルトガル サンタクララ)
鎌田 大地(25)(独 フランクフルト)
堂安 律(23)(オランダ PSV)
久保 建英(20)(スペイン マジョルカ)
【FW】=2人
大迫 勇也(31)(神戸)
古橋 亨梧(26)(スコットランド セルティック)