国民 玉木代表“自民役員人事は不適切 コロナ対策停滞懸念“

来週にも行われる自民党の役員人事などについて、国民民主党の玉木代表は、記者会見で、新型コロナウイルス対策の停滞につながることが懸念されるとして、不適切だという認識を示しました。

この中で、国民民主党の玉木代表は、菅総理大臣が自民党の役員人事とともに閣僚人事を検討していることについて「現状をどう考えても選挙最優先で、新型コロナ対策が最優先になっておらず、『個利個略』だという批判は免れない」と指摘しました。

さらに、感染拡大が続いていることを踏まえ「ワクチンなど、新型コロナ対策の責任者が代われば、引き継ぎで仕事に隙間が生じる懸念がある」と述べ、この時期の政権幹部や主要閣僚の交代は不適切だという認識を示しました。

また政府・与党が臨時国会の召集に応じないことについて「国民の命が失われている現状で、いま開かず、いつ国会が役割を果たすのか。法改正や補正予算の編成など、与野党をこえて取り組むべきだ」と対応を批判しました。

一方、玉木氏は記者団から衆議院選挙の結果によっては、自民・公明両党と連携する可能性を問われ「衆議院選挙では、今の政権のおかしなところを厳しく指摘し、対案を示しながら戦っていくので、連立などは考えていない」と述べました。