クマがコインランドリーの窓ガラス割る 岩手 奥州市

2日朝早く、岩手県奥州市の国道沿いにあるコインランドリーで、店の窓ガラスがクマに割られる被害がありました。けが人はいませんでしたが、県などが注意を呼びかけています。

警察によりますと、2日午前5時40分ごろ、奥州市水沢台町の国道343号線沿いにあるコインランドリーで「クマが店のガラスを割っている」と通りかかった住民から警察に通報がありました。

けが人はいませんでしたが、店の入り口近くの高さおよそ2メートルの窓ガラス2枚が割られました。
店の従業員によりますと、店内の物が壊される被害はありませんが、一部の洗濯機には泥が付いていたということです。

被害のあった店のすぐそばには住宅地があるほか、ドラッグストアやガソリンスタンドもある人通りが多い場所で、警察などはクマの行方を捜しています。
店の従業員の女性は「十数年間この店に勤めていますが、クマが出たのは初めてです。お客さんへの被害がなくてほっとしていますが、怖いです」と話していました。

岩手県内では今年度、9月1日までに10人がクマに襲われる被害に遭っているほか、物的被害も相次いでいます。

この秋はクマの餌となるブナの実が凶作になると見込まれていて、警察や岩手県などは、餌を求めて人里に下りてくるクマに注意するよう呼びかけています。