双子の赤ちゃんパンダ 名前募集に19万件余の応募 上野動物園

上野動物園で生まれた双子の赤ちゃんパンダの名前を募集したところ、19万件余りが寄せられ、今後、選考委員会などを経て名前が決まり、10月中旬以降に公表されます。

名前を募集していたのは、東京 上野動物園でことし6月に生まれたジャイアントパンダのオスとメスの双子の赤ちゃんです。

8月20日までの2週間で19万2712件の応募がありました。
動物園によりますと、インターネットで18万8720件、動物園などに設けた応募箱で3992件が寄せられたということです。

4年前、2頭のお姉さんのシャンシャンのときは32万件余りの応募がありましたが、動物園によりますと、感染防止対策のため来園人数を制限していることが影響したのではないかとしています。

都は今後、パンダの保護に取り組む黒柳徹子さんなどによる選考委員会を開くほか、所有権を持つ中国側とも協議して、寄せられた応募の中から名前を決めることにしています。

上野動物園で生まれた初めての双子のパンダはどんな名前になるのか。公表は、10月中旬以降です。