再エネの電力を水素に変換・貯蔵 「P2G」技術開発本格化へ

長期間ためることが難しい再生可能エネルギーによる電力を、水を介して水素に変換し貯蔵する「P2G」と呼ばれる技術の開発が本格的に動き出すことになりました。

「P2G」はPower to Gasの略で、太陽光など再生可能エネルギーの電力を水素に変換し貯蔵する技術です。

太陽光などは発電量が天候に大きく左右されるうえに、余った場合、蓄電池を使っても長期間ためておくことが難しいという弱点がありました。

東京電力や大手繊維メーカーの東レ、山梨県などはこの技術の開発を加速するための新たな協議会を設立しました。

今後5年間で山梨県内に設置された太陽光パネルから発電した電力で水を電気分解し水素に変換、システムの大型化に向けて開発を進めていきます。

そしてボイラーなど化石燃料の利用を水素に置き換えて二酸化炭素の排出を抑えていくことを目指します。

太陽光発電からのエネルギーを有効活用するとともに脱炭素も同時に実現する技術を確立し、将来は海外への展開も図りたいとしています。
オンラインで会見した東京電力の関知道常務は「本格的な普及に向けた開発段階になった。将来の脱炭素に向けた有力な選択肢になる技術だ」と述べました。