大相撲 宮城野部屋 新十両の北青鵬 新型コロナ感染確認

日本相撲協会は、宮城野部屋に所属する新十両の北青鵬が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。
宮城野部屋のほかの力士も検査を受けているということで、相撲協会では結果を踏まえて今後の対応を検討することにしています。

日本相撲協会の芝田山広報部長によりますと、北青鵬はかぜの症状があったことから検査を受けたところ、1日、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたということです。

こうした状況を受けて、宮城野部屋のほかの力士も検査を受けているということで、芝田山広報部長は「検査結果は早ければあすになるのではないか」としたうえで「横綱 白鵬は部屋に行っているかどうかわからないのが、部屋に行っていれば検査を受ける力士に入りますね」と説明しています。

また、今月12日に秋場所が初日を迎えることから芝田山広報部長は「まず部屋全体の状況がどうなっているか把握することが先決だ。初日まで2週間を切り、本場所には間に合わない可能性もある」と、検査の結果を踏まえるなどして今後の対応を検討することにしています。

宮城野部屋ではことし1月の初場所前に横綱 白鵬の感染がわかり、部屋のすべての力士が初場所を休場しました。