夏休み明け 子どもの「心」を「天気」で表現 変化把握に役立て

夏休みが終わって学校が始まり、不安を感じる子どもが増えるこの時期に、「晴れ」や「曇り」など今の気持ちを天気にあらわしてタブレット端末に入力してもらい心の変化をつかもうという取り組みが岐阜県恵那市で始まりました。

恵那市が導入したのは教育の専門家が開発に携わった「心の天気」というタブレット端末で使うソフトで、8月26日から始まった2学期から市内22のすべての小中学校で使い始めました。

このうち6月に先行して導入された山岡中学校の3年生の教室では、1日も授業が始まる前、生徒たちが「晴れ」「曇り」「雨」「雷」の中から自分の気持ちにいちばん近いものを選んで入力し、「きのうはよく眠れた」とか「テストが返ってくる」などと理由を書き込んでいました。

入力内容はすべての教職員が見ることができ複数の教員で子どもの状況を共有したうえで声をかけるなどして、変化をつかむのに役立てるということです。

3年生の男子生徒は「自分の気持ちがなぜそうなったかを考えるきっかけになっています」と話していました。

山岡中学校の高山雄匠 教諭は「コロナで行事ができなかったり、日々の生活が変わったりする中で、笑顔でも実は苦しんでいる子どもがいるかもしれないので、ソフトを活用して接していきたい」と話していました。