都内女子高校生 遺体発見 群馬県の20代夫婦 遺棄容疑で逮捕へ

東京都内に住む18歳の女子高校生の行方が3日前から分からなくなっていた事件で、警視庁が「殺害した」などと話している20代の夫婦の話をもとに山梨県内を捜索したところ、31日未明、遺体が見つかりました。

警視庁は遺体を遺棄した疑いで夫婦を逮捕する方針で、詳しいいきさつを調べています。

行方が分からなくなっていたのは東京 墨田区の高校3年生の鷲野花夏さん(18)です。

3日前の今月28日の午後3時ごろ「知り合いに会いに行く」と言って家を出たまま連絡が取れなくなりました。

母親の通報を受けて警視庁が周辺の防犯カメラの映像を分析したところ、鷲野さんが自宅近くで車に乗り込む様子が確認されたということです。

この車は、30日午後7時すぎに長野県内で見つかり、捜査員が乗っていた群馬県渋川市に住む20代の夫婦に事情を聴いたところ「殺害して遺体を遺棄した」などと話したということです。

警視庁が2人の説明をもとに山梨県早川町内を捜索した結果、31日午前2時ごろ道路脇の物置小屋の中から女性の遺体が見つかり、鷲野さんと確認されました。

行方が分からなくなった時と同じ服装で、胸のあたりに血が付いていたということです。

警視庁はこのあと夫婦を山梨県内から捜査本部がある東京の向島警察署に移し、遺体を遺棄した疑いで逮捕する方針で、事件の詳しいいきさつを調べることにしています。

鷲野さんの自宅近くに住む女性「元気な子 家族みな仲よかった」

鷲野さんの自宅の近くに住む81歳の女性は「最近はあまり姿を見かけませんでしたが、とても明るく元気な子で、家族みんな仲がよかったです。なぜこんなことになってしまったか、かわいそうです」と話していました。