歌舞伎町ビル火災 あすで20年 防火対策徹底あらためて呼びかけ

44人が亡くなった東京・新宿歌舞伎町のビル火災から1日で20年となります。当時、現場で救助にあたった東京消防庁の3人の隊員が取材に応じ、「決して風化させてはならない。あの時のことをもう一度思い出してほしい」として、防火対策を徹底するようあらためて呼びかけました。

2001年9月1日の未明、東京・新宿歌舞伎町にあった雑居ビルで火が出て燃え広がり、3階のマージャンゲーム店や4階の飲食店にいた従業員や客など合わせて44人が亡くなりました。

火災から20年となるのを前に、救助の現場で隊長を務めた菊池眞紀夫さん(58)など東京消防庁の3人の隊員が報道陣の取材に応じ、当時の過酷な状況について語りました。

それによりますと、隊員たちはまず3階に取り残された人たちの救助に向かいましたが、火災の熱で階段のタイルが剥がれて真っ赤に染まっていたほか、アルミ製の柵も溶け、先に進めない状態だったといいます。

この時の状況について、菊池さんは「階段が赤い滑り台のようになっていた。熱くて中に入れなかったのは最初で最後の経験だった」と話しています。

このため、階段に水をかけながら1段ずつ上を目指したということです。

また、階段には段ボールやロッカーなどが積み重なっていたため通れる隙間は30センチから40センチほどしかなく、救助の大きな妨げになったとしています。

そしてやっとの思いで3階と4階にたどりつくと、多くの人が床に倒れるなどしていて、中には携帯電話を手にしたままの人もいたということです。

当時、消防の指令室には「早く助けてください。このままでは死んでしまう」という通報もあったということで、菊池さんは「助けを求めていたんだなと思い、本当につらい気持ちになった。涙をこらえながら1人ずつ搬送したことを覚えている」と話していました。

最後は脱水状態になり体力が限界に近づく中、隊員たちは動かなくなったみずからの足を両手で持ち上げながら階段を1段1段上り、44人全員を外へ運び出したということです。

菊池さんたちは「あの時、階段に障害物がなければ命が助かった人がいたかもしれない」と強調したうえで、「火災から20年がたつが、決して風化させてはならない。あの時のことをもう一度思い出してほしい」として、雑居ビルなどでの防火対策を徹底するようあらためて呼びかけていました。

記憶の風化感じ 火災から20年で初めて取材に応じる隊員も

3人の隊員のうち、菊池さんを除く2人は、新宿歌舞伎町のビル火災から20年となることを受けて今回、初めて取材に応じました。

このうち、川越貴史さん(49)は当時のつらい記憶がよみがえってくるため、火災のことをほかの隊員や家族にも話してこなかったといいます。

しかし、20年がたって火災の記憶が風化していくのを肌で感じ、このままではいけないと取材に応じることを決心したということです。

川越さんは「悲しくてつらくて、二度と思い出したくないと考えていましたが、われわれも年をとり、世代交代していく中で組織の一員として当時のことを後輩たちに伝えていかなければならないと感じるようになりました」と話しています。

川越さんによりますと、救助にあたった際、早く助けなければという思いとは裏腹に、階段に置かれていたさまざまな障害物に行く手を阻まれたということです。

踊り場には大量のおしぼりが置かれ、それぞれの階で炉のように炎を上げていたのが記憶に残っているといいます。

この時の状況については「われわれが背負っている空気呼吸器は通常、20分ほどもちますが、当時を振り返ると、2階から3階に上がるだけで10分ほどでなくなりました。それだけ強いプレッシャーを感じていたことに加え、現場の活動が困難を極めていたことの証明だと思います」と話していました。

また、取り残された人たちを救助した際には、最後は体力を奪われ腕の力が抜けた状態だったということですが、救助した人をロープで巻き、みずからの首にかけて運び出したということです。

川越さんは「隊長から『われわれがやらなくて誰がやるんだ。われわれが最後のとりでなんだ』と教わっていたことを思い出し、力を振り絞って活動しました」と当時を振り返っていました。

また、黒木征昭さん(50)も川越さんと同じ思いを抱き、初めて取材に応じました。

黒木さんは「現場では倒れている人たちのまわりに多くの携帯電話があって、着信の音がずっと鳴りやまない状態でした。心配した家族や友人が電話をかけ続けていたのだと思います。私は泣きながら、『意地でも早く助け出してやるぞ』という思いで活動したことを覚えています」と当時を振り返りました。

そのうえで「ビルの防火対策がしっかりしていれば、命を助けられた人がいたかもしれません。亡くなった方々の遺志をむだにしないよう、われわれの使命として火災予防を訴え続けていきたい」と話していました。