政府 アフガニスタン駐留米軍の撤退期限迎え自衛隊機撤収へ

アフガニスタンに駐留するアメリカ軍が、31日、撤退期限を迎えることから、政府は、日本人などの国外退避のため派遣した自衛隊機を近く、撤収させる方針です。引き続き外務省職員などが周辺国にとどまり、退避を希望する人たちの支援にあたることにしています。

アフガニスタン情勢の悪化を受けて、政府は先週、日本人女性1人と、アフガニスタン人14人を自衛隊の輸送機で隣国パキスタンの首都イスラマバードに退避させ、これに伴い、派遣していた外務省職員や自衛隊員もイスラマバードに移動しました。

政府は、状況の変化に対応するためとして、自衛隊機をイスラマバードで待機させていましたが、アフガニスタンに駐留するアメリカ軍が、31日、撤退期限を迎えることから、自衛隊機を近く、日本に撤収させる方針です。

ただアフガニスタン国内では、大使館や国際機関で働くアフガニスタン人のスタッフなど500人以上が退避を希望していて、茂木外務大臣は昨夜オンライン形式で開かれた閣僚級会合で、各国に対し、出国を希望する人の安全な退避に向けた緊密な連携を呼びかけました。

政府は、引き続き外務省職員などの要員を周辺国にとどめ、カタールなどタリバンとのパイプを持つ国にも協力を求めながら、退避を希望する人たちの支援にあたることにしています。