「袴田事件」再審 3者協議 血痕の色の変化で検察と弁護側主張

いわゆる「袴田事件」で死刑が確定した袴田巌さんが求めている、再審=裁判のやり直しに関して、裁判所で3者協議が行われ、争点となっている血痕の色の変化について、検察と弁護側の双方が主張を交わしました。

袴田巌さん(85)は、昭和41年に今の静岡市清水区で一家4人が殺害された事件で、死刑が確定しましたが、無実を訴えて再審を申し立てています。

30日は裁判所と弁護士、検察による非公開の協議が東京高等裁判所で行われ、終了後に弁護団が会見を開きました。

審理では、袴田さんが逮捕された1年余りあとに、現場近くのみそタンクから見つかった、犯人のものとされる衣類に付いた血痕の色の変化が争点となっています。

弁護団によりますと、検察が2人の専門家の見解をもとにした意見書を先月提出し「当時のタンクのみその色が淡い色にとどまっていることなどから、血痕の赤みを失わせるような化学反応が進行していたとは認められない」などと主張したのに対し、弁護側は「過去に検察が行った実験の内容と矛盾する」と反論したということです。

弁護団は、1年以上みそに触れると赤みが消えることが分かれば、袴田さん以外の何者かが発見直前に衣類をタンクに入れたことになるとして、今後、改めて専門家に見解を聞いて、意見書を提出するとしています。