5年前の豪雨で9人死亡の高齢者施設 跡地で慰霊 岩手 岩泉町

今から5年前の2016年8月30日、台風が上陸した岩手県で記録的な豪雨となりました。入居者9人全員が亡くなった岩泉町の高齢者施設の跡地では、施設を運営していた医療法人の職員が訪れ、祈りをささげました。

2016年8月30日、台風10号が岩手県大船渡市付近に上陸し、記録的な豪雨によって、岩手県内では関連死を含めて29人が犠牲となりました。

このうち岩泉町では、小本川が氾濫して近くにあった高齢者施設「楽ん楽ん(らんらん)」に濁流が流れ込み、入居者9人全員が死亡しました。

その後、法律が改正され、全国の高齢者施設などに避難計画の策定が義務化されるなど、災害対策見直しのきっかけとなりました。

施設があった跡地には30日、祭壇が設けられ、当時、施設を運営していた医療法人の職員などが訪れて静かに手を合わせていました。

医療法人は毎年慰霊式を行っていましたが、新型コロナウイルスの影響で去年に続いてことしも式は行わず、個別に追悼する形にしました。

医療法人の三上昇勝総務部長は「何年たっても、あの日のことを忘れることはなく、亡くなった入居者やご遺族の方々には大変申し訳なく思います。新たに設けた施設でも入居者の命を第一に考えて運営にあたるとともに、ほかの地域でも同じことが起きないよう、防災の大切さを発信したい」と話していました。

岩泉町の復興の現状

岩手県岩泉町では5年前の台風10号の豪雨で、小本川と安家川の2つの川が氾濫し、関連死を含めて26人が犠牲となり、住宅およそ1000棟が被害を受けました。

一時、400人近い住民が仮設住宅での生活を余儀なくされていましたが、自宅の再建や、災害公営住宅の整備が進み、先月末時点で仮設住宅に入居しているのは1人を残すだけとなりました。

一方、防災対策の工事は予定どおりには進んでいません。

氾濫した小本川と安家川では県がおよそ300億円をかけ、川幅を広げたり、川底を掘って深くしたりする改修工事を進めています。

工事は当初、昨年度末までに完了する予定でしたが、用地の取得に時間がかかったことや工事の人手不足の影響などで、全体の進捗(しんちょく)率は40%余りにとどまっています。

工事の完了は、小本川は来年度末。

安家川は今年度末となる見通しです。

このほか県は、土砂の流出を防ぐ「砂防ダム」の整備を町内の25か所で進めています。

こちらも当初は令和元年度に完了する予定でしたが、資材価格の高騰に伴う入札不調などの影響で、完成したのは11か所にとどまり、工事がすべて完了するのは来年度末の見通しです。