プロ野球結果 阪神敗れ3位転落 巨人が首位に

プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグは首位の阪神が敗れて2位の巨人と3位のヤクルトが勝ちました。この結果、阪神は3位に転落し、巨人が首位、ヤクルトが2位に浮上しました。

セ・リーグです。

▽ヤクルト対DeNAはヤクルトが5対2で勝ちました。

ヤクルトは5回、古賀選手の内野ゴロの間に1点を先制し、7回は塩見選手の9号スリーランと村上選手のタイムリーで4点を加えました。

先発の原投手は7回をヒット5本、無失点の好投で、今シーズン初勝利です。

DeNAは先発した今永投手が6回1失点でしたが、打線がつながりませんでした。

▽中日対巨人は巨人が5対1で勝ちました。

巨人は3回、吉川選手の犠牲フライで先制し、4回は松原選手と高橋投手の連続タイムリーツーベースで追加点をあげました。

7回には坂本選手のタイムリーなどでリードを広げました。

先発した高橋投手は5回をヒット2本、無失点で自身初の2桁勝利となる10勝目です。

中日はヒット5本と打線が低調でした。

▽広島対阪神は広島が5対0で勝ちました。

広島は1回、鈴木誠也選手の19号ツーランと坂倉選手の8号ソロの2者連続ホームランで3点を先制し、7回には坂倉選手の2点タイムリーツーベースで突き放しました。

先発の床田投手は6回を無失点、10個の三振を奪う好投で2勝目。

広島は4連勝で4位浮上です。

阪神は広島との3連戦3連敗で、首位から3位に転落しました。

パ・リーグです。

▽オリックス対ソフトバンクはオリックスが6対3で勝ちました。

オリックスは2対2の7回、宗選手のタイムリー、吉田正尚選手の2点タイムリーツーベース、さらに杉本選手のタイムリースリーベースで4点を勝ち越しました。

新加入のバルガス選手が7回から登板し、2イニングを投げて1失点で初勝利。

平野佳寿投手が16セーブ目をあげました。

ソフトバンクはリリーフ陣が崩れ、引き分け1つを挟んで3連敗です。

▽楽天対ロッテはロッテが1対0で勝ちました。

ロッテは0対0の9回2アウト二塁三塁から、田村選手のタイムリーで均衡を破りました。

ロッテは4人のピッチャーが無失点でつなぎ、3人目の佐々木千隼投手が7勝目、益田投手が28セーブ目をあげました。

チームは4連勝です。

楽天は先発した石橋投手の6回無失点の好投を生かせず、3連敗です。

▽西武対日本ハムは日本ハムが6対0で勝ちました。

日本ハムは4回、満塁から王選手の走者一掃のタイムリーツーベースと石井選手のタイムリーツーベースで4点を先制しました。

5回は近藤選手の犠牲フライで追加点をあげ、9回にも1点を加えました。

先発の伊藤投手はヒット4本に抑えて9つの三振を奪い8勝目。

プロ初完投を完封で飾りました。

西武は投打に精彩を欠きました。