アフガニスタン テロ計画に関わった人物を殺害か 米軍発表

アメリカ中央軍は、アフガニスタン国内で無人機による攻撃を行い、過激派組織IS=イスラミックステートの地域組織でテロの計画に関わった人物を殺害したとみられると発表しました。首都カブールで起きた自爆テロに対する報復とみられます。

アフガニスタンを管轄するアメリカ中央軍は27日夜、日本時間の28日午前声明を発表し「ISの地域組織で計画に関わった人物に対するアフガニスタン国外からの対テロ作戦を実施した」と明らかにしました。

さらに声明は「東部のナンガルハル州で無人機による空からの攻撃を行い、初期段階の情報によれば、この人物は死亡した。今回の攻撃で民間人の死傷者は出ていない」としています。

アフガニスタンの首都カブールの国際空港近くでは26日、ISの地域組織によるとみられる自爆テロがあり、ロイター通信によりますと、アメリカ軍の兵士13人のほかアフガニスタン人79人が死亡しました。

バイデン大統領は26日、記者会見で「われわれは許さない。犯行に関わった者を見つけ出し、代償を払わせる」と述べており、今回の攻撃は自爆テロに対する報復とみられます。

ただ、声明は、攻撃の対象とした人物がどのような形でテロに関わったのかなどは明らかにしていません。

アメリカ軍は8月末までとしている軍の撤退期限に向けて軍事作戦の拠点としてきた空軍基地などをすでにアフガニスタン側に引き渡していて、ロイター通信はアメリカ政府関係者の話として「中東から無人機を飛ばし、この人物が仲間とともに2人で車に乗っていた所を攻撃した」と伝えています。

バイデン大統領は、アフガニスタンからの撤退をめぐる対応で強いリーダーシップを発揮できていないなどと国内で批判を浴びていて、テロの発生から時間を空けずに行われた今回の攻撃にはテロに屈しない姿勢を強調する狙いもあったと見られます。