パラリンピック トライアスロン 米岡聡が銅メダル 視覚障害

東京パラリンピック、トライアスロン男子の視覚障害のクラスで、米岡聡選手が銅メダルを獲得しました。

“メダルは銅だったが金以上に輝いていると思う”

東京パラリンピックのトライアスロンはお台場海浜公園で28日から始まり、このうち視覚障害のクラスはガイドと一緒に競技を行い、750メートルを泳ぐスイム、20キロを2人乗り自転車で走るバイク、5キロを走るランの合わせて25.75キロで競います。

男子の視覚障害のクラスは午前8時30分にスタートし、日本からは初出場の米岡選手が出場しました。

米岡選手は同じ会社のトライアスロン部に所属するガイドの椿浩平選手と一緒にスタートし、上位を維持して4位で最後のランに入りました。

ランが得意な米岡選手はそこから順位を3位に上げてトップと1分4秒差の1時間2分20秒でフィニッシュし、銅メダルを獲得しました。

米岡選手は「最高にうれしい。うれしいしかないです。2年くらい椿選手と一緒にやってきていろいろと苦しいこともあったが、それが全部報われたなという気持ちです。メダルは銅だったが金以上に輝いているメダルだと思います」と話しました。
スタートから上位をキープしていたことに対しては「スイムは予想以上にいい順位で上がれたと思う。バイクは椿選手に任せていたので後ろから信じてこぐだけだった。ランになると『メダル狙えるから』と椿選手に励ましてもらいながらなんとか走っていた」と話しました。
そのうえで「最後まで後ろが来るんじゃないかと思っていたが、最後の1周の時に前が見えているという情報があったのでそこから前を追うという気持ちに変われたのがよかったと思う」とレースを振り返りました。
また、ガイドとして一緒に走った椿選手は「自分は東京オリンピックを目指していたがそれはかなわず、そのタイミングで米岡選手からガイドとして一緒に目指させてほしいという話をもらって、そこから2人でここまでやってきた。最後に粘れなかったら4番になっていたと思うが、最後に米岡選手の強みの粘りが信じられないほど出ていて、本当にありがとうしかない」と涙を流しながら話しました。
米岡選手は神奈川県出身の35歳。10歳の時に網膜剥離を発症し、悪化しないよう激しい運動を避けて生活してきました。
20歳の時にランニングを始めたことをきっかけに、その後、本格的にマラソンに取り組むようになりました。
そして、さらにステップアップしたいとトライアスロンに挑戦し、2013年から大会に出場しています。
同じ会社のトライアスロン部に所属する椿浩平選手が米岡選手のガイドとなり、二人三脚でパラリンピック初出場を果たしました。
金メダルはアメリカのブラッド・スナイダー選手、銀メダルはスペインのエクトール・カタラ ラパーラ選手でした。

女子の円尾は11位

女子の視覚障害のクラスには円尾敦子選手が出場し、最初のスイムでの出遅れをバイクとランでも巻き返すことができず11位でした。

47歳の円尾選手は「順位としては微妙かもしれないが、私としてはいい形で精いっぱい出来た。この場に立てて本当に幸せで、これで終わりなんだなと思って 最後泣いてしまった。やりきった」と話しました。

円尾選手は世界ランキング10位で国別の出場枠を獲得できませんでしたが、IPC=国際パラリンピック委員会が追加の出場枠を与える通知を今月行い、出場が決まりました。

出場が決まった当時については「旅行に行ってしまおうと思っていたくらい諦めていたので、連絡をもらってびっくりした。どう準備しようか焦ったが周囲がいろいろな方法を使って指導を続けてくれた。感謝している」と振り返りました。

そのうえで今後については「次は長い距離のトライアスロンで世界選手権に出たいと思っている。また、パラリンピックのトライアスロンを障害がある女性にもっと知ってもらい、すばらしい経験をしてもらうための手伝いをしたい」と話していました。
金メダルはスペインのスサーナ・ロドリゲス選手、銀メダルはイタリアのアンナ・バルバロ選手、銅メダルはフランスのアヌーク・キュルジラ選手でした。