スポーツ

パラリンピック 陸上 こん棒投げ 高校生が製作したこん棒使用

東京パラリンピックは27日から陸上が始まり、パラスポーツ独自の競技「こん棒投げ」では、都内の高校生が製作した木製のこん棒が初めて使用されます。
こん棒投げは、握力が弱く、砲丸投げややり投げなどが難しい選手が、台座に座って木製のこん棒を投げて飛距離を競うパラスポーツ独自の競技で、パラリンピックでは27日から始まります。

大会組織委員会と東京都は国内にこん棒を作るメーカーがなかったことから、東京 文京区にある都立工芸高校の定時制で木工家具の製作技術などを学ぶ生徒に製作を依頼し、去年3月、大会で使う20本が完成しました。

出来上がったこん棒は、ボウリングのピンに似た長さおよそ40センチ、重さ397グラムの木製の棒です。

生徒のアイデアで、さまざまな大きさの手や障害でも握りやすいように持ち手の形が球状や円柱形などの異なる4種類が作られました。
生徒たちは競技について学び、組織委員会から借りたこん棒を参考にしながら、8か月ほどかけて作り上げました。

生徒たちの多くは去年、卒業していて、こん棒を製作した1人の西澤直斗さんは「選手のことをいちばんに考え使いやすいように作りました。開会式を見て、こん棒を作っているときの気持ちがよみがえり、楽しみです」と話していました。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。